2019年2月11日Daily Archives

新しい日本茶のスタイルとは?

お茶に関するネット記事を読んでいると

”緑茶ブーム” をひしひしと感じる。

オーガニックに拘り

ハーブを独自にブレンドした新しい日本茶ブランドを立ち上げた女性だとか

海外向けに . . . とか。

・・・

・・・

それぞれ独自のアイデアで

味もパッケージも戦略もきちんとデザインされており、

とても素晴らしい商品であることには

間違いない。

・・・

・・・

一方で

「売れてナンボ!」という理論はもちろん正解だが

しかし、

欧米の文化に倣えではなく、

日本独特の 侘び寂び こそ、もっと世界に発信するべきではと考える。

各々のライフスタイルに合うかどうかは別物だが、

でないと

日本 である意味がなくなる。

・・・

・・・

ひとつの節目として、2020年こそ

”緑茶(日本茶)” のターニングポイントなのではないか。

外国人に どう見せるか ではなく、

どう伝えるか が勝負だ!

もちろん日本人にも共通する。

我々が目指すものは何かを、もう一度しっかりと考えてみよう。

・・・

・・・

唐突だが、

バレンタインデーも間近にひかえ

デートコースに、日本茶を嗜む時間などを取り入れてみては。

・・・

・・・

~追伸~

昨日の記事の男女。

じつは、伊勢茶にとても精通している二人であることを

彼らの名誉のためにもお伝えしておこう!

・・・

・・・

記者:Y.S